舫鬼九郎

新潮文庫

高橋克彦

1996年2月29日

新潮社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

吉原近くの堀端で若い女の全裸死体が見つかった。首を切り落とされた上に、背中の皮が剥がされている。誰が、一体何のために…。町奴の幡随院長兵衛は事件の真相を探り始めるが、謎はむしろ深まるばかり。そこへ一人の浪人が現れた。その名は舫鬼九郎。南蛮渡来の着物を身に纒い、剣の腕はけた違い。一体何者なのか。そして事件との関係は…。壮大なスケールで描く長編時代活劇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.6

読みたい

0

未読

2

読書中

1

既読

5

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください