贈られた手

家族狩り第3部

新潮文庫

天童荒太

2004年4月30日

新潮社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ピエロ。浚介は、生徒たちからそう呼ばれていたのだという。ふたつの事件を経て、虚無に閉ざされていた彼の心に変化が訪れていた。ピエロ。馬見原は今そう見えるだろう。冬島母子を全身全霊で守っているにもかかわらず、妻や娘との関係は歪んだままだから。また一つ家族が失われ、哀しみの残響が世界を満たす。愛という言葉の持つさまざまな貌と、かすかに見える希望を描く、第三部。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.67

読みたい

7

未読

3

読書中

0

既読

39

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください