日本仏教史

思想史としてのアプローチ

新潮文庫 すー13-1 新潮文庫

末木 文美士

1996年9月30日

新潮社

781円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

同じ仏教でもインドとも中国とも異なる日本の仏教は、どのような変化を遂げて成立したのだろうか。本書では6世紀中葉に伝来して以来、聖徳太子、最澄、空海、明恵、親鸞、道元、日蓮など数々の俊英、名僧によって解釈・修正が加えられ、時々の政争や時代状況を乗り越えつつ変貌していった日本仏教の本質を精緻に検証。それは我々日本人の思想の核を探る知的興奮に満ちた旅でもある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

7

未読

1

読書中

2

既読

14

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください