満足化社会の方程式

新潮文庫

堺屋太一

1996年5月1日

新潮社

607円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「55年体制」の崩壊、「日本式経営」の逼迫により、日本は変革を模索する時代を迎えた。冷戦構造と成長構造に支えられ、数量拡大を目指してきた「高度化」社会は、別次元の「満足化社会」へと転換せざるをえないだろう。いま必要なのは、歴史を再検証することだ。江戸・元禄〜宝永〜享保の時の流れは、乱期の「今」を位置づけ、「大変」な時代を探る手掛かりに満ちている。日本社会を洞察する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください