車輪の下改版

新潮文庫

ヘルマン・ヘッセ / 高橋健二

1991年5月31日

新潮社

374円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。だが、そこでの生活は少年の心を踏みにじる規則ずくめなものだった。少年らしい反抗に駆りたてられた彼は、学校を去って見習い工として出なおそうとする…。子どもの心と生活とを自らの文学のふるさととするヘッセの代表的自伝小説である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.25

読みたい

37

未読

45

読書中

6

既読

117

未指定

153

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.1 2019年11月15日

非常に読みにくい。 情景描写がほんとに多い。 でも名作と言われる理由は分かる。 周りから異常なまでに期待されて、優等生コースに乗ったにもかかわらず、そこで待っていたのは少年時代の強い好奇心や可塑性を無視し、抑圧する生活だった。 その道から逃げ出して故郷に戻ると負け組扱いされ、初めての恋は弄ばれ、仕事に活路を見出すも、数日働いて飲んでるうちになんか虚しい気持ちになる。 最終的に、ハンスは川で溺死する。 生きている間自分のために生きれなかった、車輪の下にいた彼。 死ぬとき、やっと自由になれたからか安らかな顔をしていた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください