戦争と平和 1

新潮文庫 トー2-9 新潮文庫

トルストイ

2005年8月31日

新潮社

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシ社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

18

未読

10

読書中

3

既読

23

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください