グレート・ギャツビー

新潮文庫 フー9-1 新潮文庫

フィツジェラルド

1974年7月2日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(23

starstarstar
star
3.17

読みたい

18

未読

44

読書中

9

既読

142

未指定

144

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

たきひろ

(無題)

starstar 2.0 2023年07月21日

ちょっと変わった隣人のちょっと変わった日常と転落人生。日本語訳はとてもよい気がするけど内容にくせがあるので読みにくかった。日常中心のストーリーであまり起伏が多くない。

全部を表示

たきひろ

(無題)

starstar 2.0 2022年10月29日

ちょっと変わった隣人のちょっと変わった日常と転落人生。日本語訳はとてもよい気がするけど内容にくせがあるので読みにくかった。日常中心のストーリーであまり起伏が多くない。

全部を表示

古今東西の本棚

(無題)

starstarstar 3.0 2022年05月15日

20世紀アメリカを代表する恋愛小説 で、2013年にレオナルド・ディカプリオ主演 「華麗なるギャツビー」の名で映画化されました。 内容は、ギャツビーの一途な恋...何でしょうか、悲しすぎるというより納得 がいかないラストでした 。 村上春樹の翻訳を最初読もうと思ったのですが、ギャツビーが友人への呼びかけに使う言葉を「オールド・スポート」と書いていたのに馴染めず、本書を読むことにしました。old sportの翻訳は、わたしにはジャイアンが使う 「心の友よ」に聞こえてなりません。

全部を表示

眺 良太郎

アメリカそのものを体現するフィツジェラルドの代表作

starstarstarstarstar 5.0 2022年03月25日

主人公ギャツビーよりも、語り手のニックの内的変化が、読みどころだろうか。1920年代のアメリカを実感させるとともに、ニューヨークという大都会の持つ魅力とスリルが伝わってくる。村上春樹訳もあるが、この野崎孝訳が落ち着いていて読みやすいような気がする。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください