人形の家

三幕

新潮文庫 イー1-1 新潮文庫

イプセン

1983年9月30日

新潮社

473円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小鳥のように愛され、平和な生活を送っている弁護士の妻ノラには秘密があった。夫が病気の時、父親の署名を偽造して借金をしたのだ。秘密を知った夫は社会的に葬られることを恐れ、ノラをののしる。事件は解決し、夫は再びノラの意を迎えようとするが、人形のように生きるより人間として生きたいと願うノラは三人の子供も捨てて家を出る。近代劇確立の礎石といわれる社会劇の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.2

読みたい

6

未読

2

読書中

0

既読

18

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください