日はまた昇る

新潮文庫

アーネスト・ヘミングウェイ / 高見浩

2003年7月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

禁酒法時代のアメリカを去り、男たちはパリで“きょうだけ”を生きていたー。戦傷で性行為不能となったジェイクは、新進作家たちや奔放な女友だちのブレットとともに灼熱のスペインへと繰り出す。祝祭に沸くパンプローナ。濃密な情熱と血のにおいに包まれて、男たちと女は虚無感に抗いながら、新たな享楽を求めつづける…。若き日の著者が世に示した“自堕落な世代”の矜持。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.77

読みたい

8

未読

8

読書中

4

既読

16

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください