怒りの葡萄(下)

新潮文庫

スタインベック / 伏見威蕃

2015年9月29日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ロッキー山脈を越え、アリゾナ沙漠を渡り、夜は野営地のテントで過ごしながらカリフォルニアを目指すジョード一家。途中、警察から嫌がらせを受けるも、ひたすら西へ西への旅が続く。希望に満ちて“約束の地”に到着したが、そこは同様な渡り人であふれていた。彼らを待っていたのは、不当に安い賃銀での過酷な労働だけだった…。旧約聖書の「出エジプト記」を思わせる一大叙事詩。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.9

読みたい

4

未読

5

読書中

1

既読

10

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

答えはない

starstarstarstar
star
4.9 2021年03月13日

ハッピーエンドを期待していたが、リアル現実を見せられた。こうすればいいという答えは得られなかったが、家族と個々人の役割、農業と経済の辛い現状をまざまざと思いしった。お母がぶれない芯を持った人物でお母の存在は大きかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください