水いらず改版

新潮文庫

ジャン・ポール・サルトル / 伊吹武彦

2005年2月28日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

性の問題をはなはだ不気味な粘液的なものとして描いて、実存主義文学の出発点に位する表題作、スペイン内乱を舞台に実存哲学のいわゆる限界状況を捉えた『壁』、実存を真正面から眺めようとしない人々の悲喜劇をテーマにした『部屋』、犯罪による人間的条件の拒否を扱った『エロストラート』、無限の可能性を秘めて生れた人間の宿命を描いた『一指導者の幼年時代』を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

7

読書中

1

既読

16

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください