夜間飛行改版

新潮文庫

アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ / 堀口大学

2012年12月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

第二次大戦末期、ナチス戦闘機に撃墜され、地中海上空に散った天才サン=テグジュペリ。彼の代表作である『夜間飛行』は、郵便飛行業がまだ危険視されていた草創期に、事業の死活を賭けた夜間飛行に従事する人々の、人間の尊厳を確証する高邁な勇気にみちた行動を描く。実録的価値と文学性を合わせもつ名作としてジッドの推賞する作品である。他に処女作『南方郵便機』を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.82

読みたい

22

未読

39

読書中

10

既読

73

未指定

96

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

勇気、沈着、責任感、自己犠牲

starstarstar
star
3.7 2019年04月17日

郵便飛行機の飛行士という仕事の過酷さ、規律の厳しさから、剛直な観念や仕事への熱意や自己犠牲という旧来のモラルともいうべきものを示し、時代の過酷さを伝える作品。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください