西部戦線異状なし改版

新潮文庫

エーリヒ・マリア・レマルク / 秦豊吉

2007年1月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1918年夏、焼け爛れた戦場には砲弾、毒ガス、戦車、疾病がたけり狂い、苦熱にうめく兵士が全戦場を埋め尽す中にあって、冷然たる軍司令部の報告はただ「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」。自己の体験をもとに第一次大戦における一兵士ボイメルとその戦友たちの愛と死を描いた本書は、人類がはじめて直面した大量殺戮の前で戦慄する様を、リアルに文学にとどめたものとして、世界的反響を呼び起こした。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

3

未読

5

読書中

0

既読

14

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください