量子革命

アインシュタインとボーア、偉大なる頭脳の激突

新潮文庫

マンジット・クマール / 青木 薫

2017年1月28日

新潮社

1,155円(税込)

科学・技術 / 文庫

1900年、放射線の不可思議な現象を説明するため、M.プランクは「量子」という概念を考案した。その後、天才たちはこれを武器にニュートン力学を覆して、新しい世界像を提示し続ける。量子力学の解釈をめぐるアインシュタインとボーアの論争を軸に、ハイゼンベルク、ド・ブロイ、シュレーディンガーなどの人間ドラマも交え、物理学百年の流れを追った白熱の科学ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

20

未読

8

読書中

19

既読

17

未指定

69

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

マンジット・クマール「量子革命」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください