井上成美

阿川弘之

1986年9月30日

新潮社

2,563円(税込)

小説・エッセイ

昭和50年暮、一人の元海軍大将が死んだ。戦後、清貧の生活を貫いたこの人こそ、敗戦前夜、一億玉砕を避けるべく終戦工作に身命を賭した井上成美だった。開戦前、米内光政・山本五十六とともに日独伊三国軍事同盟に反対し、無謀な対米戦争回避を主張。戦時下にあっては兵学校長として英語教育廃止論を退ける等、時流に抗して将来を見通す全人教育を目指した。狂熱の時代に、さめた知性と合理性を保ち続けた〈意志の人〉の悲劇的な生涯。「山本五十六」「米内光政」につづく海軍提督三部作

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください