ローマ人の物語(9)

塩野七生

2000年9月30日

新潮社

3,300円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

紀元二世紀初頭、ダキアとメソポタミアを併呑して帝国の版図を最大にした初の属州出身皇帝トライアヌス、帝国をくまなく視察巡行し、統治システムの再構築に励んだハドリアヌス、穏やかな人柄ながら見事な政治を行なったアントニヌス・ピウス。世にいう五賢帝のなかでも傑出した三者の人物像を浮き彫りにした、極め付きの指導者論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.9

読みたい

1

未読

10

読書中

0

既読

10

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください