二月三十日

曽野綾子

2008年6月30日

新潮社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

宣教の夢破れた異郷で、絶望の淵に沈もうとしていた修道者が書き残した、本当はある筈のない日付の日記…。出会いと別離、憎しみと悲哀、裏切りと貧困、病苦と戦禍、そして信頼と愛。人間が、一つの運命に直面する「その時」を達意の筆に捉えて、いま、この人生という旅を続ける者を見守る道標とも言うべき、13の短篇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください