何様

朝井 リョウ

2016年8月31日

新潮社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

何者かになっただなんて、何様のつもりなんだろうー『何者』アナザーストーリー6篇。書下ろし新作も収録!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstar
star
3.45

読みたい

40

未読

14

読書中

4

既読

132

未指定

93

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.5 2019年07月14日

「アレこの本、前に読んだことあるぞ」。本好きであれば、このような経験は一度や二度ではないはずだ。そう、私にも思い当たる節があるので、ブックレビューを書くことでそれを避けているつもりだ。ところが本書のレビーはどこを探しても見当たらない。しかし、本書の第1章「水曜日の階段はきれい」は間違いなく読んでいる。若干20歳の若さで作家デビューした朝井リョウ。「霧島部活やめるってよ」。この表題から匂い出てくる若さに嫉妬したのであろうか、私は長い間、この話題作を手にすることはなかった。 朝井リョウの作品との邂逅は全くの偶然であった。「最後の恋men's」に「水曜日の階段はきれい」が収録されていたのだった。この作品に込められた瑞々しい感性や日常感覚に触れて「この作家は只者じゃない」との感を覚えたものだった。 さて、本書である。本書は「何者」のアナザストーリなのだという。私は「何者」を読んでいないので、全くチンプンカンプンで、面白さを味わうことができなかった。ま、こういうこともあるのだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください