奇想の発見

ある美術史家の回想

辻惟雄

2014年6月30日

新潮社

2,420円(税込)

人文・思想・社会 / ホビー・スポーツ・美術

ギロリと眼を剥く曾我簫白の雲龍図、岩佐又兵衛の血みどろ絵巻、そして大ブームを巻き起こした伊藤若冲の白い象ー。花鳥風月を優雅に愛でる日本美術史の片隅で、すっかりキワモノ扱いされていた「奇特な」画家たちを発掘し、ニッポンの美に禍々しき愉楽を与えた立役者。その自由な精神を育んだ生涯を綴る、初めての自伝。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2021年01月22日

たくさんの失敗も、書ける人柄が、たくさんの人を惹きつけ、助ける。泥臭い情熱。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください