カエルの楽園

百田尚樹

2016年2月26日

新潮社

1,430円(税込)

小説・エッセイ

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまではー。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(44

starstarstar
star
3.8

読みたい

22

未読

22

読書中

1

既読

262

未指定

163

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください