野火の夜

望月 諒子

2023年2月20日

新潮社

2,090円(税込)

小説・エッセイ

列島中が豪雨災害に見舞われた夏、二つのニュースが小さく報じられた。次々と見つかった血塗れの旧五千円札と、一人のジャーナリストの死。フリーランスのライター・木部美智子はふとしたきっかけで取材を始めるが、複雑に絡み合った事件の根を追ううち、愛媛の村で起こった戦中戦後の悲劇を知ることとなるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.98

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

20

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください