海辺のカフカ 上

村上 春樹

2002年9月30日

新潮社

1,980円(税込)

小説・エッセイ

15歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。彼は長身で、寡黙だった。金属を混ぜ込んだような強い筋肉を持ち、世界でいちばんタフな15歳の少年になりたいと思っていた。東京都中野区にもしある日、空から突然2000匹の生きた魚が路上に落ちてきたら、人々は驚かないわけにはいかないだろう。多くのネコたちは名前を持たない。多くのネコたちは言葉をもたない。しかしそこには言葉を持たず、名前を持たない悪夢がある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstar
star
3.64

読みたい

9

未読

22

読書中

2

既読

173

未指定

134

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

学生時代に読んだ本

starstarstarstar 4.0 2023年04月02日

15年ぶりに再読。少年と老人の話という朧げな内容しか覚えていなかったので、新鮮な気持ちで読み進めることができた。 少年カフカの旅と過去の事件によって記憶を失ったナカタさんによる二つのストーリーが交互に展開されている。面白い。

全部を表示

タケシ

はじまり

starstarstarstarstar 5.0 2022年09月23日

自分が本好きになったきっかけ。

全部を表示

くさ

難解

starstar
star
2.5 2021年08月10日

大学生時に読んだか難解でしっくり来なかった。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.7 2019年04月11日

東京中野区に住む田村カフカくん。 15歳の彼の家出劇。 「父を殺し、母と姉を犯す」という予言というより、呪いのようなことを実父から言われ続けた彼は、呪いから逃げるように四国は高知の高松へ行く。 そこへ行くまでの高速バスで出会ったさくらという女性や、甲村図書館の大島さんと佐伯さんの助けを借り、彼はなんのツテも、ゆかりもないその土地で生活を続ける。 一方、同じく東京中野区に住むナカタさんは中野区から生活保護費を貰いながら猫探しで細々と生計を立てていた。 特に不自由なく過ごしてたナカタさんはいつものように猫探しをしていたところ黒い大きな犬が目の前に現れる。 犬の導きにより、ある大きな家に着いたナカタさんはジョニーウォーカーこと田村浩一を嘱託により殺害する。 これを境に彼は、なせが猫と会話ができなくなる。 自分の明らかな変化に気づいたナカタさんは何かに導かれるように西へ向かう。

全部を表示

Readeeユーザー

好きなフレーズ

starstarstarstarstar 5.0 2019年04月07日

ある種の完全さは、不完全さの限りない集積によってしか具現できないのだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください