号泣する準備はできていた

江國香織

2003年11月30日

新潮社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

大丈夫、きっと切り抜けるだろう。-体も心も満ち足りていた激しい恋に突然訪れた破局、その哀しみを乗り越えてゆくよすがを甘美に伝える表題作、昔の恋人と一つの部屋で過ごす時間の危うさを切り取る「手」、17歳のほろ苦い恋の思い出を振り返る「じゃこじゃこのビスケット」など、詩のように美しく、光を帯びた文章が描く、繊細な12の短篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.19

読みたい

4

未読

12

読書中

0

既読

55

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

紫陽花

(無題)

starstarstar 3.0 2020年08月15日

こういう作品に学生時代、何度か救われてきた。 それはきっと、少し年上のお姉さんの話だったからなんだと気がついた。 同じくらいの年齢になると感じ方ががらりと変わる気がする。 上手くは言えないけれど、女で良かったと思えた。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください