隅田川

慶次郎縁側日記

北原亜以子

2002年11月30日

新潮社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

思えば昔、長屋で仲良く遊んでいた、男の子二人、女の子二人、が、長じて男二人が女一人に惚れたのが運の尽き。「死ぬ気だったの?」、恨めしそうに見られても。なぜ俺は、このよく気がつく女に惚れなかったのだろう…。お江戸といえばこの人!森口慶次郎シリーズ、期待の第六弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください