スヌーピーたちのアメリカ

廣淵升彦

1993年8月31日

新潮社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

親愛なるシュルツ氏へー夢を、心の宝物をありがとう!人間なみの頭脳を持つ犬スヌーピーと、思慮深い少年チャーリー・ブラウン。彼等が活躍するマンガ『ピーナッツ』には、日本人が読み解いていない謎が一杯!コミックスを通して捉えたユニークな文化論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください