残穢

小野不由美

2012年7月31日

新潮社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

怨みを伴う死は「穢れ」となる。穢れは怪異となり、伝染し、拡大する。戦慄の500枚書き下ろし長編ホラー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.36

読みたい

3

未読

9

読書中

2

既読

63

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ショチ

夜は読んじゃダメ

starstarstarstarstar 5.0 2019年11月26日

この本を読み終わったとき、もう実話怪談からは足を洗って(?)「十二国記」書いてえ!と叫びそうになった。お身体に障ったら困る。先生に何かあったら全国のファンが泣く。 私情は置いておいて、本書は自分の実話系ホラー部門第1位に輝いた作品。実話ホラーにハマってからいろいろな本を読んできたが、ぶっちぎりで怖く、リアル。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2019年04月05日

とんでもなく怖い、 というキーワードに引っかかって借りました。 聞いたことがある実際の事件が出てくるし、 そう考えると辻褄があうよね、あれ、ちょっとこれは実話なんじゃないかって思えてしまうくらい 洒落にならないくらい怖い話。 現実逃避の快楽として本を読んでいる私には、 これは現実逃避として楽しめない系だわ、と思いました。 怖がりさんや霊感の強い人は読まないほうがいいかもしれません。 わからないけどね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください