朝日のようにさわやかに

恩田陸

2007年3月31日

新潮社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

ビールについての冒頭から、天才トランペッターや心太へ話題は移り、最後は子供の頃に抱いていた謎の解明へと至る-。虚実の狭間を、流れる意識のごとく縦横に語る表題作他、ホラー、ミステリ、SF、ショートショート等々、恩田陸のあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstar
star
2.92

読みたい

4

未読

1

読書中

1

既読

31

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください