黄色い目の魚(さかな)

佐藤多佳子

2002年10月31日

新潮社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

マジになるのって、こわくない?自分の限界とか見えちゃいそうで。木島悟、16歳。世界で最高の場所は、叔父の通ちゃんのアトリエ。ずっと、ここに居られたらいいと思ってた。キライなものを、みんな閉め出して…。村田みのり、16歳。鎌倉、葉山を舞台に木島とみのり、ふたりの語りで綴られるまっすぐな気持ちと揺れる想い。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

9

未読

2

読書中

0

既読

13

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください