村上春樹と日本の「記憶」

井上義夫(1946-)

1999年7月30日

新潮社

1,980円(税込)

人文・思想・社会

「正直に語る」とは、どういうことか?作品にひそむ「日本の過去」とは?作家の生い立ちから青春期、海外在住経験に至るまでの実人生を緻密に辿り、作品に繰り返し現われる「風」や「水」、「音」や「時」などのモチーフの解析も併せ、作家・村上春樹の「闘い」の実相に迫り、その「真実」を抉り出すーファン必携の長編文芸評論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください