途方もなく霧は流れる

唯川 恵

2012年2月24日

新潮社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

女は素知らぬ振りをして、いつも抜かりなくすべてを整えているー。仕事を辞め、失意のうちに東京を引き払って田舎で暮らすことに決めた岳夫。ボロ家に手を入れ、一人静かな暮らしを始めた彼の前に現れた一匹の犬と女たち。思いがけなく展開する人生に立ち向かう、大人のための物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.52

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

31

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2017年10月07日

いい話だった。 軽井沢で再生するおじさんの話。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください