そして二人だけになった

新潮ミステリ-倶楽部

森博嗣

1999年6月20日

新潮社

2,200円(税込)

小説・エッセイ

全長4000メートルの海峡大橋を支えるコンクリートの巨大な塊“アンカレイジ”。内部に造られた窓ひとつない空間に集まった科学者・建築家・医師の六名。プログラムの異常により海水に囲まれ完全な密室となったこの建物の中で、次々と起こる殺人…。最後に残ったのは、盲目の若き天才科学者とアシスタントの二人だった。犯人は、私?僕?それとも-。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

33

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください