武士の家計簿

「加賀藩御算用者」の幕末維新

新潮新書

磯田 道史

2003年4月10日

新潮社

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「金沢藩士猪山家文書」という武家文書に、精巧な「家計簿」が例を見ない完全な姿で遺されていた。国史研究史上、初めての発見と言ってよい。タイム・カプセルの蓋を開けてみれば、金融破綻、地価下落、リストラ、教育問題…など、猪山家は現代の我々が直面する問題を全て経験ずみだった!活き活きと復元された武士の暮らしを通じて、江戸時代に対する通念が覆され、全く違った「日本の近代」が見えてくる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(14

starstarstarstar
star
4.11

読みたい

15

未読

15

読書中

4

既読

91

未指定

71

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください