人は死ぬから生きられる

脳科学者と禅僧の問答

新潮新書

茂木健一郎 / 南直哉

2009年4月20日

新潮社

748円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 新書

我々はどこから来たのか、そしてどこへ行くのかー。人類誕生以来、問われ続けてきたアポリア(難問題)に、脳科学者と禅僧が挑む。死はすべての者に平等に訪れる。けれど誰もが望んでこの世に生れてくることはできない。つまり、「私」に根拠はないのだ。だからこその苦、だからこその人生。それでも、その苦しみを引き受け、より良く生きるための方法はある。無常の闇に射す一筋の光明を探すため、存在を賭けた脳と仏教の真剣勝負。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

1

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください