触発

今野敏

1996年9月25日

中央公論新社

1,922円(税込)

小説・エッセイ

地下鉄霞ケ関駅で発生した爆弾テロは、死傷者三百名を超す大惨事となった。日本中を震憾させる爆弾魔の第二の犯行予告は「午後11時、都内の盛り場」-見えない敵に翻弄される合同捜査本部。内閣危機管理対策室が切り札として指名した男とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください