流転の子

最後の皇女・愛新覚羅〔コ〕生

本岡典子

2011年8月31日

中央公論新社

2,420円(税込)

人文・思想・社会

父は満州国皇帝・溥儀の実弟、母は日本の候爵家令嬢。敗戦後、わずか5歳で動乱の大陸をさすらい、命からがら引き揚げてくるもー歴史的一族に生を享け、激動の日中間を生きた女性の半生を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください