それを愛とまちがえるから

井上荒野

2013年1月31日

中央公論新社

1,650円(税込)

小説・エッセイ

気がつけば、しなくなっていた。心ならずもつのっていく妻と夫の鬱屈。微笑みより苛立ちが多くなり楽しみが義務になりかわってー切実ゆえに笑いを誘う大人の辛口コメディ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.78

読みたい

4

未読

1

読書中

0

既読

43

未指定

19

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください