セクメト

太田忠司

2013年1月31日

中央公論新社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

殺人事件の容疑者逮捕に向け、張り込みを行っていた警視庁捜査一課の若手刑事・和賀。逃亡をはかった容疑者が、直後、何者かに殺されてしまった。あまりの失態に悄然とする和賀だが、ほかにも殺人犯が殺される事件が発生し、事態は連続「殺人鬼」殺人の様相を呈する。捜査を進めるうち浮かびあがった奇妙な共通点。被害者たちはみな穏やかな性格で、平穏な生活を送っていた。それがなぜ殺人鬼へと変貌したのか?そして「殺人鬼」殺人の犯人は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください