北の街物語

内田康夫

2013年8月31日

中央公論新社

1,870円(税込)

小説・エッセイ

北区在住の彫刻家の自宅から「妖精像」が消えた。同じ頃、荒川河川敷で絞殺死体が見つかる。一見、何の繋がりもない二つの事件に、四桁の数字という共通点を見つける浅見光彦。不可解な一致に加え、ミステリアスな人間模様が絡み合い、事態はさらに錯綜するのだがー地元・北区で起こった事件に、名探偵が挑む!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

10

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください