タイトルの魔力

作品・人名・商品のなまえ学

中公新書

佐々木健一(美学)

2001年11月30日

中央公論新社

902円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 新書

絵画や彫刻の展覧会で、作品の傍らには必ずネームプレートが寄り添っている。音楽、小説、詩、戯曲…。いずれにもなんらかのタイトルが付されている(なかには「無題」というタイトルもある)。では、このタイトル、いつごろからどのように、作品と不即不離の関係になったのだろう。人の名前、商品のネーミングも視野に入れながら、芸術作品におけるタイトルの役割と歴史を考える、刺激に満ちた美学の冒険。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

3

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください