アダム・スミス

『道徳感情論』と『国富論』の世界

中公新書

堂目卓生

2008年3月25日

中央公論新社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

政府による市場の規制を撤廃し、競争を促進することによって経済成長率を高め、豊かで強い国を作るべきだー「経済学の祖」アダム・スミスの『国富論』は、このようなメッセージをもつと理解されてきた。しかし、スミスは無条件にそう考えたのだろうか。本書はスミスのもうひとつの著作『道徳感情論』に示された人間観と社会観を通して『国富論』を読み直し、社会の秩序と繁栄に関するひとつの思想体系として再構築する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.2

読みたい

5

未読

13

読書中

4

既読

23

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください