物語エルサレムの歴史

旧約聖書以前からパレスチナ和平まで

中公新書

笈川博一

2010年7月31日

中央公論新社

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

一九八〇年代、イスラエルが占領地でユダヤ人入植を推進した際、パレスチナ人がオスマン・トルコの土地台帳を根拠に所有権を主張すると、入植者たちは旧約聖書に記された神とアブラハムの契約を示したというー。ダビデら古代の王の事績から、イスラム教徒の統治と十字軍、二回の大戦とイスラエル建国、そして戦争と和平交渉が繰り返される現代まで、聖書の記述が息づく「聖地」の複雑な来歴を、エピソード豊かに綴る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.7

読みたい

5

未読

3

読書中

0

既読

5

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください