物語近現代ギリシャの歴史

独立戦争からユーロ危機まで

中公新書

村田奈々子

2012年2月29日

中央公論新社

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

ヨーロッパ文明揺籃の地である古代ギリシャの輝きは、神話の世界そのままに、人類史の栄光として今も憧憬の的であり続けている。一方で現在のギリシャは、経済危機にあえぐバルカンの一小国であり、EUの劣等生だ。オスマン帝国からの独立後、ギリシャ国民は、偉大すぎる過去に囚われると同時に、列強の思惑に翻弄されてきた。この“辺境の地”の数奇な歴史を掘り起こすことで、彼の国の今が浮かび上がる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

2

未指定

21

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2019年05月24日

結構難しい内容。国の国語問題で揺れ動いたと事実は知らなかった。 この国は以前にもデフォルトに陥っており、やはり経済に対する政治家、経済学者の認識が不足しているのではないか。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください