国際秩序

18世紀ヨーロッパから21世紀アジアへ

中公新書

細谷雄一

2012年11月30日

中央公論新社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「均衡」「協調」「共同体」-近代ヨーロッパが生んだ国際秩序の基本原理である。本書はこの三つの体系を手がかりに、スペイン王位継承戦争から、ウィーン体制、ビスマルク体制、二度の世界大戦、東西冷戦、そして現代に至る三〇〇年の国際政治の変遷を読み解く。平和で安定した時代はいかに築かれ、悲惨な戦争はなぜ起こってしまったのか。複雑な世界情勢の核心をつかみ、日本外交の進むべき道を考えるための必読書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.7

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

17

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください