バチカン近現代史

ローマ教皇たちの「近代」との格闘

中公新書

松本佐保

2013年6月30日

中央公論新社

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

フランス革命以降、「政教分離」を推進する近代国家の登場で、ローマ教皇は領土や権威を失っていく。20世紀に入り、教皇はイタリア政治に介入し続け、ムッソリーニの思惑もあり、バチカン市国が成立する。その後バチカンは、「反宗教」の共産主義を常に敵視。ナチスに秋波を送り、戦後は米国に接近、「人権外交」を繰り広げ、それは「東欧革命」に繋がった。本書は、カトリック総本山バチカンの生き残りを賭けた200年を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.5

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください