人はなぜ集団になると怠けるのか

「社会的手抜き」の心理学

中公新書

釘原直樹

2013年10月31日

中央公論新社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

人は集団で仕事をする。しかし集団になると人は怠け、単独で作業を行うよりも一人当たりの努力の量が低下する。これを「社会的手抜き」という。例えば非効率な会議や授業中の問題行動、選挙の低投票率、スポーツの八百長などは「社会的手抜き」の典型である。本書では、このような「手抜き」のメカニズムを、多様な心理学的実験の結果から明らかにしていく。その防止策とは、はたまた功罪とは。リーダー・企業人必読書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.15

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

11

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください