仕事と家族

日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか

中公新書

筒井淳也

2015年5月31日

中央公論新社

858円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

男性中心の労働環境のため女性が活躍しづらく、少子化が深刻な日本。仕事と家族のあり方は限界にきている。一方、「大きな政府」を代表するスウェーデンと「小さな政府」を代表するアメリカは正反対の国と思われがちだが、実は働く女性が多く、出生率も高いという点で共通している。それはなぜか。歴史的な視点と国際比較を通じて日本の現在地を示し、目指すべき社会を考える。この国で働き、家族と暮らす全ての人へ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.4

読みたい

6

未読

2

読書中

2

既読

12

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

おーちゃん

ためになる

starstarstar
star
3.8 2021年11月27日

諸外国との比較など、ためになった。でもやはり一筋縄ではいかない現実で、ため息が出た。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください