トウガラシの世界史

辛くて熱い「食卓革命」

中公新書

山本紀夫

2016年2月29日

中央公論新社

946円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

比類ない辛さが魅力のトウガラシ。原産地の中南米からヨーロッパに伝わった当初は「食べると死ぬ」とまで言われた。だが、わずか五百年のうちに全世界の人々を魅了するに至った。ピーマンやパプリカもトウガラシから生まれた。アンデスの多様な野生トウガラシ、インドのカレー、四川の豆板醤、朝鮮半島のキムチ、日本の京野菜…。各地を訪ね、世界中に「食卓革命」を起こした香辛料の伝播の歴史と食文化を紹介する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

4

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

野生種のウルピカ。

starstarstar
star
3.1 2020年11月04日

ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路を発見した。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください