科学という考え方

アインシュタインの宇宙

中公新書

酒井邦嘉

2016年5月31日

中央公論新社

1,012円(税込)

科学・技術 / 新書

科学とは、自然法則の発見を基礎とする考え方である。ケプラーが天文観測のデータから惑星の運動を解き明かし、ガリレオが力学の端緒を開いて400年。以来、科学の発展を担ってきたニュートン、アインシュタインなどの物理学者たちの苦悩やひらめきを手がかりに、科学的思考とは何かを探る。彼らの足跡、科学法則を支える意味を掘り下げ、人間がいかにして科学という考え方を築き、受け継いできたかを明らかにしていく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.6

読みたい

1

未読

2

読書中

1

既読

1

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください