大塩平八郎の乱

幕府を震撼させた武装蜂起の真相

中公新書 2730

藪田貫

2022年12月20日

中央公論新社

968円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

江戸後期、天保の大飢饉が起こり、深刻な米不足から大坂でも餓死者が続出した。大坂町奉行所の元与力で陽明学者の大塩平八郎は、窮状を見かねて奉行所に救済を嘆願したが容れられず、私塾の門弟らと「救民」を掲げて決起。乱は一日で鎮圧された。自決まで一カ月余り大坂市中で潜伏を続けた大塩の真意は何か。密かに江戸へ送った「建議書」で何を訴えようとしたのか。近年発見の史料もふまえ、幕府を震撼させた事件の全容に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

4

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください