東京ドヤ街盛衰記

日本の象徴・山谷で生きる

中公新書ラクレ

風樹茂

2013年12月31日

中央公論新社

880円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

かつては日雇い労働者の寄せ場だった山谷は、いま生活保護受給者のたまり場となってしまった。毎月五億円の生活保護費がドヤや貧困ビジネス業者の懐に流れ込んでいく。昭和三〇年代のはじめに山谷に流れ着き、今世紀初めに死んでいった男の半生に託して山谷の変貌を描き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください